MARU×MARU情報局

旅行・グルメ・酒・釣り・家電などなど様々な情報を発信します。

スポンサーリンク

うなぎの松重(まつじゅう)【鹿児島市】 ~ 2019年7月27日は土用の丑の日 ~

MARU×MARU情報局です。

 

本日は鹿児島県鹿児島市のグルメ情報です。

 

2019年夏の土用の丑の日です。土用の丑の日と言えば「うなぎ」です!

鹿児島市うなぎ専門店【うなぎの松重(まつじゅう)】を紹介いたします。

 

f:id:ikutanpapa:20190722015136j:plain

#うなぎの松重(まつじゅう) #土用の丑の日

 

2019年夏の土用の丑の日は、2019年7月27日(土)です!

 

そして7月になって、色々な所で見かける『土用の丑の日』の広告!!

右を見ても!左を見ても!鰻・鰻・鰻!ウナギ・ウナギ!うなぎ・うなぎ!

うなぎがたべーたぁーーーい!!

あぁぁぁぁーーーー!!!もう我慢できない!!

 

という訳で!

2019年7月上旬に土用の丑の日を待ちきれず、 

【うなぎの松重(まつじゅう)】へうなぎを食べに行って来ました。

 

【うなぎの松重(まつじゅう)】基本情報

 

〒890-0056
住 所:鹿児島市下荒田1丁目5-10
電 話:099-257-2522
駐車場:5台 ※他にもご用意しております。詳しくはも店の方へ!
営業時間:昼)11:00~15:00(14:30L.O)
     夜)17:00~21:00(20:30L.O)
     ※昼夜ともうなぎがなくなり次第終了となります。

 

うなぎの松重(まつじゅう)は、鹿児島市下荒田にある昭和21年創業のうなぎ料理専門店です。

松重のうなぎは鹿児島県大隅産のうなぎを当店で背開きし、素焼きにしたあと蒸してから、

創業以来受け継がれた秘伝のたれに付け、皮目をしっかりと焼き上げ香ばしく仕上げています。

 

昼時間をずらして行ったのですが、私の前に3組の待ちでした!

店の外で待ちますが・・・

うなぎを焼く香ばしい香りが店の外まで香り、私の空腹を思いっ切り煽ります。

 

待ち時間に注文を承ってくれます。

うな重」・「蒲焼定食」・「せいろ蒸し」・「各種(石焼き・うなわさ)うな丼」

殿様丼(間蒸し)・志ら焼き定食・・・・

色々なメニューがありどれも美味しそう!!!

 

ちなみに、殿様丼(間蒸し)とは・・・

間蒸しとは、ご飯とご飯の間にうなぎを挟んで蒸すもので「ご飯の間(ま)で蒸す」

というのが語源といわれている鰻料理。

 

迷いますが・・・

無難に「うな重」を注文することに!!!

 

うな重」は、

中:2,150円 大:2,750円 特:3,200円 極:4,150円

(大・特・極はサラダ付)の4種類!

雀の涙ですが、ボーナスも出て自分へのご褒美に!「極:4,150円」を注文

勿論!!!【きもの味噌汁(200円)】も注文!

 

15分ほど待って店内へ!

待ち時間に注文をしていたので比較的スムーズに「うな重」の到着!

 

f:id:ikutanpapa:20190722021101j:plain


鹿児島の「うな重」は、うなぎとご飯のお重が別々になっています!

写真(上)のお重は2段重ねで、上がうなぎ下がごはんです。

 

ちなみにごはんの上にうなぎが乗っている物を「うな丼」と言うそうです。

 

早速、お重の蓋を開け「うなぎ」とご対面!

 

f:id:ikutanpapa:20190722021200j:plain

 

蓋を開けた瞬間に!あの美味しそうな香ばしい香りがします!

「いただきます」をして、いつもならサラダか味噌汁を先に食べるのですが・・・

今日は待ちきれません!!直ぐにうなぎから食べます!

 

箸を入れただけでとても肉厚なうなぎ!と分かるくらい肉厚のうなぎです!

食べてみると、程よい焼き加減で外はサクサク、そして中はふんわり

口の中でうなぎの香り・美味しさが広がります!

 

創業以来受け継がれる秘伝のタレは・・・

 

南九州、特に鹿児島のタレ(醤油)は甘口で好き・嫌いが大きく分かれがちですが、

ここ「松重」の秘伝のタレは、あっさり甘口でサクサク・ふんわりのうなぎと味が絡み

最高のハーモニーを奏でます!

もちろん!ご飯との相性もばっちりで!うなぎ&ごはんを食べる箸が止まりません!

 

そしてきもの味噌汁

 

f:id:ikutanpapa:20190722023059j:plain

 

うなぎが上質なだけあって「キモ」も大きく、もちろん美味しいです!

「キモ」だけおかわりして10個くらい食べたい気分ですが・・・

そんな事をしたら鼻血が出そうなので思いとどまります。。。

 

全部食べ終わりお腹もいっぱいで大満足!

次に来る機会があれば、殿様丼(間蒸し)も食べたい!

 

しかし、

「きもの串焼き」「志ら焼き」「塩焼き」「う巻き卵」「うざく」「きもの甘煮」など・・・

一品料理も充実している上に、ビール、焼酎(村尾・佐藤など)、日本酒(八海山)と・・・

アルコールも充実している「うなぎの松重」 !

次は絶対に夜!飲めるようにして行きます!!!

 

皆様も機会があれば是非!お試しください!

 

 

鹿児島市】うなぎの松重(まつじゅう)ホームページ
www.matsujyu.jp

 

 

 

 

MARU×MARU情報局の関連ホームページです。

合わせてお読みください。

 

www7.ikutanpapa.com

スポンサーリンク