MARU×MARU情報局

旅行・グルメ・酒・釣り・家電などなど様々な情報を発信します。

スポンサーリンク

【天ぷら左膳】 ~鹿児島市の天ぷらと更科そばの専門店~

MARU×MARU情報局です。

 

本日は鹿児島県鹿児島市のおすすめランチ情報!

天ぷらと更科そばの専門店【左膳】を紹介いたします。

 

旬の食材を使った天ぷら更科そばを食べられるお店です!

 

ランチだけでなく、夜にお酒を飲みながら・・・でも楽しめるお店ですが・・・

2019年8月にランチをした時の情報をご紹介いたします。

 

f:id:ikutanpapa:20191002020806j:plain

 

【天ぷら左膳】基本情報

 

【天ぷら左膳】鹿児島本店

電話番号:(099)252-1800

住所:鹿児島市下荒田1丁目21-1

電話番号:(099)252-1800

営業時間:11:00〜22:00(OS21:30) 
    ランチメニュー11:00〜15:00 
    日・祭日は21:30閉店(OS21:00)

定休日:無休(年始を除く)

席数:108席(カウンター:28、テーブル:42、座敷席:38)

 

鹿児島本店他、支店が4店舗ある有名店です。

 

厳選食材にこだわった『天ぷら』

「種七分に腕三分」といわれる天ぷらは、「天種」の良し悪しが味を大きく左右します。

天ぷら左膳では、天ぷら文化が息づく東京・築地直送の活穴子やメゴチのほか、

鹿児島が生産日本一の新鮮車エビをはじめ、鹿児島ならではのキビナゴ、

全国有数の漁獲量を誇る志布志の天然ハモなど素材を厳選。

ひと手間かけて、下ごしらえをほどこす、繊細な「江戸前」の仕事を身上としています。

鹿児島は魚介類だけでなく、野菜も種類が豊富です。ソラマメやオクラ、ニガゴリ、サツマイモ、かき揚げなど、

衣から透ける鮮やかな色合いは、まさに天然のビタミンカラー。

繊細な四季の味わいを目と舌で余すところなく味わえます。

 

ここ【天ぷら左膳】は、目の前で天ぷらを揚げる『ライブ感』も楽しめるお店です。

来店当日は、たまたまカウンターが空いていたので、当然!カウンターへ案内していただきます。

 

カウンターに座ると目の前に水槽が・・・

 

f:id:ikutanpapa:20191002003931j:plain

 

海老、どじょうが元気よく泳いでいます!!!

活きがよく美味しそうです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

早く天ぷらが食べたぁーーーい。。。

 

早速、メニューに目を通します。

 

ランチのメニューは、

天ぷらセット・・・・980円

天丼セット ・・・・980円

プレミアセット・・・1,080円

とありますが・・・・

 

メニュー表をめくっていくと・・・

 

f:id:ikutanpapa:20191002002758j:plain

 

天ぷらのセット(天ぷら膳)のページを発見!!!

ランチメニューも捨てがたいが、天ぷらセットも・・・

迷いに迷った挙句!チョット奮発して『椿膳・・・・1,800円』を注文!!!

 

『椿膳』セット内容は・・・

・天ぷら 天然海老×2、魚3種、野菜3種、かき揚

・本日の小鉢

・ご飯と赤だし又はおそば

・香の物

・デザート

 

注文するとすぐに!

 

f:id:ikutanpapa:20191002004401j:plain

 

サラダ、煮物、お漬物と、天ぷらのつゆ、塩がでてきます。

 

写真は無いのですが・・・

「そば茶」と「そば味噌」も出てきます!

そば茶の香ばしい香りが食欲をそそります!

 

 

f:id:ikutanpapa:20191002004201j:plain

 

目の前で板前さんが手際よく天ぷらを揚げています。

板前さんの手際に感心しつつサラダ、煮物を食べます。

サラダも煮物も!サッパリとした味わいで美味しく食用をそそります。

 

そして!

f:id:ikutanpapa:20191002004922j:plain

 

天然海老2尾が登場!!!

天つゆ?塩?迷いますが、1尾ずつ天つゆと塩で食べることに!

プリプリに身の引き締まった天然海老!

そして、サクサクにカラっと揚がった『衣』!!!

海老の『プリプリ』と衣の『サクサク』が口の中で絡まり最高の味わいです!!(゚∀゚)アヒャヒャ

 

私の中で天然海老の最大の楽しみは!

『尻尾(しっぽ)』です!!!(≡ω≡.)

海老の天ぷらの『尻尾(しっぽ)』・・・

食べずに残す人が多い??らしいですが・・・

私は『尻尾』まで全部食べます!!!

白い目で見られようが、親や人から何と言われても・・・

『尻尾』最高!!!

 

天ぷら左膳では・・・

天ぷらを揚げることを「花を咲かせる」と言います。

美しい黄金色の油に舞う純白の衣…。

「お客様に花が咲いたような美しい天ぷらをお出ししたい」。

そんな思いを込めています。

 

続いて『かぼちゃ』

f:id:ikutanpapa:20191002005709j:plain

 

甘くて柔らかい『かぼちゃ』

 

魚のキス(左)、鱧(右)

f:id:ikutanpapa:20191002005842j:plain

 

しめじ・ナス

f:id:ikutanpapa:20191002005955j:plain

 

メゴチ(右)

f:id:ikutanpapa:20191002010102j:plain

 

早すぎず遅すぎず、テンポ良く次々に出てきます('▽'*)ニパッ♪

これだけ食べても不思議と胃にもたれません!!

 

ここ【天ぷら左膳】では、揚げ油にもこだわりを持っています

伝統技法「玉締め絞り」のごま油と厳選植油を独自の割合でブレンドすることで、

ごま油の香りはそのままに、カラッとサクッと仕上げています。

 

美味しさの秘密!胃にもたれない秘密は、『揚げ油』にもあります!

 

そして今日のもうひとつのメイン!

更科そばの登場!!!

f:id:ikutanpapa:20191002011710j:plain

 

更科そば』とは・・・

そばの実の真ん中だけを丹念に挽き、肧乳の中心部を粉だけを使った『真っ白』な『贅沢な』そばです。


上品な香りとほんのりした甘さ、つるっとしたのどごしの良さは、“そば通”のお客様にもご好評いただいてます。

天ぷらはもちろん、日本酒との相性も絶妙です。

「食事の最後に一口だけそばを食べたい」というお客様のために、“別腹そば”もご用意。

お食事の締めにもぴったりです。

そばつゆは熟成させた「本返し」に、鹿児島産のカツオ節に追いガツオなどでとっただしを合わせたものを使用。

隠し味として玉子焼き、焼き鳥などの料理にも使われています。

 

早速更科そばを食べます!!

 

まずは薬味を入れずに!

そのままそばつゆに入れて食べます!('▽'*)ニパッ♪

カツオで取ったダシと更科そばの繊細な味わいが最高に美味しいです!

噛めば噛むほど口の中でほのかな甘みが広がっていきます!

 

次にそばつゆの中にネギとわさびを入れ!と・・・

更科そばを堪能。。。

 

 

そして天ぷらの締めは・・・

f:id:ikutanpapa:20191002012139j:plain

天ぷらの締めは・・・

かき揚げです!

『野菜』または『海老』の好きなかき揚げを1点選べるシステム!

私は当然!!!『海老』のかき揚げを注文!!!

残った天つゆを「かき揚げ」に全て染み込ませるくらい、たっぷり付けて食べるのが好きです( ̄ー ̄)ニヤリッ

天つゆをたっぷり付けても、衣の「サクサク感」はそのままに!

『天つゆ』と『衣』のハーモニーが楽しめます!!

 

そして!何と『そば湯』!

f:id:ikutanpapa:20191002014455j:plain

 

最後の締めに最高のサービス『そば湯』!ヾ(=^▽^=)ノ

まずは、残ったそばつゆに入れ飲みます。

そば湯があると分かっていたら薬味を少し残したのに・・・

と、薬味を全部使った事をチョット後悔。。。

そして最後に『そば湯』だけで・・・

 

そば湯』でお腹も心も充たされた私。。。

 

ここで『本当の締め』のデザート登場!!!

f:id:ikutanpapa:20191002015239j:plain

 

もちろん!デザートは『別腹』ですのでしっかりと頂きました!!!

 

お腹がはち切れんばかりいっぱいでご馳走様。

 

次は夜!

天ぷら&そばと、ビール&日本酒を堪能するぞ!!と心に誓い店を出ました。。。

 

【天ぷら左膳】ホームページ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

tenpura-sazen.jp

 

スポンサーリンク